dojou presents petit healing blog

北海道は南富良野町の山奥でたくさんの犬達と暮らす「dojou」のブログです。釣りの様子や犬達の近況など、ムフッと笑えるネタをご紹介していきます。

dojou presents petit healing blog
わんことドジョウの癒らし日記

人生最大の魚

ブログの更新をサボっているうちに季節はふたつ飛んでしまって、北海道はもう秋。

最近では早朝の気温が6℃なんて日もあります。

f:id:hokkaido-adventures:20190924050914j:plain

久々の釣り記事ですが、今年も実は結構な回数カヤック釣りに出かけていて、屈斜路湖でのヒメマス釣りでは大型が揃っての爆釣や初挑戦の6月の洞爺湖でのヒメマス釣りでは50㎝もある超大型のヒメマスも釣れました。もちろん海にも数回通っておりました。


今年は積丹でも大量のマグロが回遊していてブリ釣りの釣り船がマグロばかり釣れるなんてこともあったようですが、小さな幼魚のようでブリよりも小さいマグロがほとんどらしいので積丹には行っておりません。

 

で、私の今回は9月21日の某所でのマグロ挑戦です。

夜明けと共に出艇、ナブラを探しながら沖に進むこと約1時間半、出艇場所から沖に約5㎞、水深108メートルでマグロのナブラを発見!!??ん??ん??ん???

なんとそこら中でマグロが飛び跳ねていて10㎏クラスから30㎏、70㎏〜100クラス以上らしき物までクラス分けでそれぞれでナブラになり跳ねています。見える範囲で10近いナブラがあります。(1㎞四方くらいの広さ)

早くしないとナブラが沈んでしまうと焦っていたのですが少し考えて、70や80㎏以上のマグロを釣りたいがはたして自分にカヤックで獲る体力ががあるのか?、、、

よーーーく考えて40〜50㎏クラスの群れに飛び込んでシンキングペンシルを投げ込むと一投目で直ぐにヒットしたのですがファーストラン(最初の強烈な走り)が始まる前にバラシ。

二投目、また直ぐにヒット!! なんせ静かなカヤックなんで群れの真ん中に入っていてもナブラが続いていて、目の前2、3メートルで1、3m以上もあるマグロが飛び交い、水中では無数の餌のイワシとそのウロコがキラキラと渦巻いていて、飛び交うマグロの大きさとスピード、爆発音に例えようのない恐怖を感じているのですが興奮状態のマグロは私とカヤックは全く目に入らない(気にならない)ようです。

ロッドを両手で支えているので精一杯で漕ぐこともできず、ただただ恐怖に耐えている状態。

f:id:hokkaido-adventures:20190924045528j:plain
ファーストランをいなして戦闘態勢に入るまではそのナブラの中にずっと入っていたので生命の危険まで感じていて、もし飛び跳ねるマグロが自分に直撃したらタダでは済まんぞ!

””” へ、へ、ヘルメットが欲しい!!!!! ”””” と、必死で筋肉を硬直させて構えて(伏せて)おりましたがなんとか3分ほどで無事にナブラを外れて持久戦が始まりました。

f:id:hokkaido-adventures:20190924064454j:plain
マグロとの攻防約1時間、疲労こんばいの末に腕力、握力が無くなり、両足の腿の裏が痙り始め、銛を打ち込んだまでは良かったがマグロをカヤックに揚げる体力はもう無く、血抜き、腹出し、神経〆を水中で行いマグロを水中にロープでぶら下げてしばし休憩で腕力の回復を願い30分。

f:id:hokkaido-adventures:20190924045602j:plain
完全に死んだマグロは意外に簡単に揚がりました。

f:id:hokkaido-adventures:20190924045630j:plain
ヒットから、かれこれ2時間は経過しているがナブラはまだ続いていて、これからも釣れるのは確実でしたが釣れても積めないし何よりもう体力が無い。

f:id:hokkaido-adventures:20190925123728j:plainヘロヘロで上陸して20m先にある車の大型クーラーボックスに入れたいが

f:id:hokkaido-adventures:20190924045734j:plain
重くて

f:id:hokkaido-adventures:20190925124122j:plain持ち上げられない。 頭だけ落としてなんとか車に。

カヤックにマグロを積んで浜に帰る時に近づいてきた2人乗りのプレジャーボートの方との会話によると10数年もマグロ釣りをしているがこんなに沢山のマグロのナブラは始めて見たとのこと。50㎏級を3本釣ったがもう体力の限界なんで帰るそう。

かなり危険な状態もありましたが今回も超ラッキーな一日だったようです。

 下は前回のラッキー

dojou-fishing.hateblo.jp

 

ちなみに、よい子のみんなは危ないからマネしたらだめですよ。

 

--よく聞かれるのですが--

〇 何㎝ですか? 何㎏? 
計っていませんがマグロの入っている簡易クーラーは約1メートルです。
重くて持てない㎏。(40〜50㎏くらい)

〇 PE何号ですか?  
2,5号です。カヤックの場合細くても時間をかけられますし引きずられますので劣化管理とノットがしっかりしていれば細くても切れません。太いと逆に万一の場合に切れなくて危険です。

〇 リーダーは何号?
100ポンド。あまり細いとルアーを飲まれた時にすぐに歯で切れます。
カヤックの場合は先端にワイヤーリーダーを使えば60ポンド程度のリーダーでも今日のマグロなら獲れると思います。

 

ひどい筋肉痛とまだ疲労が残る中でこの記事は書きましたので乱文失礼いたします。
あ、(いつもか?)いろいとクロマグロは問題があるようですのですが思ったこと、気づいたこと等、追記、編集して行こうと思います。